2020年11月15日

青い空と赤いマユミの実

今日もいい天気。そして温かい小春日和。11月は温かいとの予報は、当たりですね!だけど、その予報の通りだと、12月は、例年より低く積雪も多いとの事だから、当たりそうで、少々不安です。

さて。少しずつ、ガーデンスポットの冬囲いを始めている私。
そして先日見つけたマユミの実が、まだまだ赤く色づいているのを発見↓

D07E013C-9C03-4064-8A79-E76D0049F79E.jpeg

葉は、落葉してしまったので、見上げる青空に映えてより美しい真っ赤なマユミの実↑

早速収穫もしました↓

5AABA632-4071-4F2B-805E-950A04C9AC1A.jpeg

今年は、例年より実付きがよいように感じるマユミの実。

マユミの実のリースも、またショッピングサイトで、紹介しようと思っているので、楽しみにしていてくださいね。

さて、今年は例年以上に、熊出没のニュースを耳にします。
我が家のマユミの実が例年以上に多いことで、気になり調べてみました。山には、熊さんの食べ物である実も少ない訳ではないようです。熊も時代と共に進化しているとの情報も見つけました。クマの嗅覚は、20k mの先まで感じ取れ、その上、美味しいとうもろこしなどの味をしめたクマが、仲間や子グマに伝えてきたことで、今年は特別熊出没のニュースが多いのでは?との情報も。うまくクマさんと共存していくにはどうしたらいいのか…先日テレビで、軽井沢の取組みをやっていました。軽井沢での取り組み。人里に近づいてきたクマに麻酔銃をうち、GPSをつけて、檻にいれて、山奥へ放すという。そして、放す際に、人や犬の声を聞かせて、人里に来る事が怖いとうえつけるのだという。
そして、GPSで管理する事で、人里に近づくと、すぐに現場に駆けつけ、同じ事を繰り返すという。
…いい取り組みだなあと感じた私。そして、もちろん、クマさんたちが、山奥で暮らせるように山も整備してあげる。
目指すは、人とクマさんとの共存…コロナで大変な世の中ですが、こちらも大事なことのひとつだと思うのです。
マユミの美しい赤い実を見ながら、色々と考えていた今日の私です。
posted by lavender at 22:51| Comment(0) | エコ&省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気ブログランキングに登録しています黒ハート
クリックして「RELAX TIME」を応援してねるんるん
商品紹介