2010年01月16日

小正月行事 鳥追い

今朝のNHKで、またまた津南が出ていたと聞きましたー(長音記号1)

積雪量・・3m突破雪323?cm・・だったかな?

またまた、我が家の前にある、川のような道路は、狭くなっていて、不安でいっぱいの朝たらーっ(汗)

でも、日中は青空ものぞくくらいの天候になり、きっと、積雪量は、3mより低くなったと思いますわーい(嬉しい顔)

さて、ここのところの大雪で、15日が小正月だったことをすっかり忘れてしまっていましたバッド(下向き矢印)

数年前までは、ここ津南でも13.14.15日と学校も会社も小正月休みがあったのですが、成人の日の休日変更・・そんな頃からなんとなく、小正月休みをとらなくなってしまった津南あせあせ(飛び散る汗)

・・ということで、15日が小正月だったことを忘れてしまうわけですダッシュ(走り出すさま)・・古来から伝わる本来の「小正月」・・ホントは大事にしていけばいいのになあ・・と私は思うのですがたらーっ(汗)

さて、そんなことで、「小正月」の行事も最近では、集落ごとに、日が違うのですバッド(下向き矢印)

今年のわが集落は、きょうが、「鳥追い」・・明日が「松焼き」・・

平成18年豪雪の年は、「鳥追い」が中止になりましたふらふら
今年はどうかなあ・・と心配していたのですが、きょう天気も回復したことだし、決行ー(長音記号1)さっき、子供たちが拍子木を持って大きな声で「鳥追いの歌」を歌いながらやってきましたー(長音記号2)

torioi1.jpg
(後ろの雪壁、すごいでしょう?きょう陽がさし、少しカサが減りましたが、2m50cm以上はありますわーい(嬉しい顔)

サーチ(調べる)すると・・↓

torioi2.jpg
寄付してくださった「手作りの拍子木」持っていますー(長音記号2)

「鳥追い」とは、稲を狙うトリから守るために集落内を回り、五穀豊穣を願うものー(長音記号1)

あの鳥はどっからおってきた
信濃の国からおってきた
なーに持っておってきた
しーばをぬいておってきた
よんばんどーりも ごーばんどーりも
たちあがれ ほーい ほーい

各家庭では、雪降る中がんばって回るそんな子供たちにお礼として「飴」や「お菓子」をあげますー(長音記号1)

子供たちからのお礼は、拍子木をうって「ありがとうございましたひらめき」・・子供たちの声が天まで届き、今年も豊作でありますようにひらめき

さて、こん慣習にならって、生まれたお菓子も津南にありますー(長音記号2)

遠くからわざわざ買いにいらっしゃる人もいる・・と評判の津南のおいしいおいしいパン屋さんの「松屋」sanー(長音記号2)の「とりおいの唄」↓

torioinouta.jpg

オレンジケーキのスポンジケーキですー(長音記号2)

さて、余談ですが、ここの「松屋」さんの「山ぶどう羊羹」は、全国菓子組合理事長賞を受賞、そして、夏に「大地の芸術祭」の名産品のデザイン・パッケージ(以前紹介しました!)もあり、おしゃれでステキぴかぴか(新しい)

yamabudoyokan.jpg

このデザインは、現役イラストレーターGUSTAV KLIM作・・「Roooots 越後妻有の名産品リデザインプロジェクト」でみごと受賞した作品ですー(長音記号1)

津南の山葡萄100%で作った羊羹ー(長音記号1)100%だから、山葡萄そのものの味で、とてもコクがあり、ホントにおいしいぴかぴか(新しい)

さてさて、明日は、もう少し天気回復するかな?「松焼き」の様子、小正月料理「雑穀びら」は、また明日ー(長音記号1)

posted by lavender at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 津南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングに登録しています黒ハート
クリックして「RELAX TIME」を応援してねるんるん
商品紹介