2021年01月15日

ざっこくびら

今日は1月15日。数十年前までは、小正月で祭日でした。そして、成人式の日でもありました。
その祭日が第3月曜に変わった頃から、小正月休みがなくなりました。
以前は1月13日から15日まで小正月休みがあった津南です。
今や、小正月行事は、第3月曜絡みの土日や15日絡みの土日へと変わり、バラバラです。鳥追い、松焼きの行事かおこなわれる小正月。私の住む集落では、先日10日の、日曜に松焼きをしました。
お正月からまだ日も浅く、8日に大雪で家から車が出れなくなったこともあり、小正月料理を作る時間もなく、今年は諦めようかな?と思ったのですが、毎年小正月には、「ざっこくびら」という郷土食を作っていたので、やはり、どうしても作らないと!と、今日15日に作りました↓

4E2211EC-BF4E-41C0-978E-8ECC28E8E88E.jpeg

ざっこくびら…ゼンマイを中心にニンジン、ゴボウ、つきこんにゃくなど、を入れて作る津南に古くから伝わる料理です。

ざっこくは、漢字で書けば「雑穀」?
そして、ヒラは、漢字で書けば、「平」?

「ひら」は、津南の方言で「煮物」のことなのです。

前日から、ゼンマイをもどしたりするため、心して段取りをしないと、すぐに作れるものではないのです。
ということて、昔からの15日に「ざっこくびら」を作って、仏壇にも供えました。

願い祈るのは、やはり、コロナの収束。
どうかどうか、これ以上の感染拡大しませんように…。昔からの伝承行事に絡み、すがる思いで願った今夜です。

posted by lavender at 21:57| Comment(0) | 津南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングに登録しています黒ハート
クリックして「RELAX TIME」を応援してねるんるん
商品紹介