2018年08月31日

最後の教室 & 夢の家

今日は雨模様。日中蒸し暑かったのに、夕方から、どんどん気温が下がってきた感じ。
今日の雨は、佐渡や下越で警報。最近の雨は停滞して集中的に降るので、本当に心配です。どうか災害など、起きませんように。

さて、心配ばかりしながら、またまた1週間が終わり、週末。大地の芸術祭もあと2週間あまり。こんな異常気象を打破するヒントを見つけに、1つでも多く見てまわりたい!
今週松之山方面に行った時に、大地の芸術祭の中でも、一番人気の作品、「最後の教室」と「夢の家」にも行ってきました。

どちらの作品も、何度見ても、新しい発見があったり、ヒントを得たり。そして、「確かに今生きている」ことを改めて感じる作品。

最後の教室↓

5B6A63F9-E9FD-47EF-AC30-2736D86C6A98.jpeg

7B99C7B2-F481-438D-BBD7-3BC0E7A742DA.jpeg

C01AD531-89DD-4278-83D7-06AD6687E762.jpeg

今回の新作は、これ↓

3D6CADC9-7FED-4565-A573-178BFCAFA939.jpeg

そして夢の家↓

3DD810F7-5ADA-42A5-81A7-5A53D6F172EA.jpeg

色とりどりの宿泊できるお部屋↓

E948DFD7-E055-47C8-BE62-B114443A7696.jpeg

DCF05ED1-4ED7-49AF-96A9-8932C25DC487.jpeg

4857A1C9-F54A-46C2-81E3-15AF075A7C3F.jpeg

D093E569-DEAE-4C5B-982D-BCACA165EE3C.jpeg

無造作に壁に書かれた文字↓

6ED3C285-0FC0-4ABB-9A6D-EF0C1BE44EB1.jpeg

窓の外には、緑いっぱいの美しい風景が彩りを添える空間↓

B8A90694-E43F-4482-919B-8F3C40CD1116.jpeg

「今を生きる」を確かに感じるヒトトキ。心の奥底に、何かを感じ、余韻が残る作品です。

posted by lavender at 23:13| Comment(0) | エコ&省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月30日

裏側の物語

数日前の猛暑はないけれど、やっぱり今日も少し蒸し暑い。この暑さは、いつまで続くのかな…つい、そんな気持ちでいっぱいになってしまいます。今日は、午後から休みで、どうしても見たかった大地の芸術祭「裏側の物語」へ。

下条地区の妻有田中文男文庫と同じ建物内。

本の並ぶ中に、「天の光 知の光」とタイトルされた光る本が↓

A54FCB40-7E9D-4F43-A876-89A2C5EF4F51.jpeg

幻想的で、以前から、お気に入りの作品↑
そして、2階が、「裏側の物語」。襖絵、墨絵を思わせるガイドブックの写真に魅せられて、どうしても行きたかった私。

部屋の中央に設置された作品↓

66FBBB72-5654-41D4-A59A-B3F871AD8605.jpeg

近くへ行くと、裏側もご覧くださいの看板が!

裏は、四隅に蛍光灯が設置してある仕組み↓

FE25FD50-F874-4AAC-9A53-5E38BFABFA3C.jpeg

笹の葉があったり、木の実や枝が埋め込まれていたり…
え?なに?と、何度も何度も表から見たり、裏から見たり、説明文を読んだり…
と、やっと仕組みがわかった私。

裏の一部をズームして撮ると↓

7EA86E05-CEA9-4A46-85BC-E5D17D73D378.jpeg

木の実や枝が、笹の葉で押えられています↑

そして、蛍光灯の光で生まれたのが、表側のこの柄↓

CA8C022F-0DC1-4971-A4E8-27EB67FBD81F.jpeg

なんと、墨絵ではなかったのです。これは、光でできた絵なのです!

そして、全体の画面で白く山を型どっているのは、紙の折山だけで表現されているのです!

すごい!それも、この地域でとれた木や実や葉を使って、こんな壮大な芸術ができるなんて!と、大感激!
いつか私も真似して作ってみたい!と思う作品のひとつになりました。
posted by lavender at 21:13| Comment(0) | エコ&省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月29日

おくり水

今日も雨模様。気温は低いものの、少し蒸し暑さも。

さて、今日の昼休みに、竜神の館敷地内の大地の芸術祭新作作品「おくり水」を見に行きました!
映像と樽の作品で、名水100選である竜ヶ窪のお水をイメージしてできた作品。

まずは、映像。車庫の中、周りの仕切り兼壁がわりに、津南ではよく見かける野菜出荷用の黒いプラコンを積み上げて簡易映写場になっていたのが、津南らしくて良かった!映像は、地域の人が、竜ヶ窪のお水を手ですくい、手から手へとお水を送り、樽の中へとお水を入れる…その溜まったお水を大地に水を撒く…竜ヶ窪の美味しいお水が、美味しい野菜を作る…そんなイメージを表現した作品↓

66F85B77-10D6-4B5B-B3DF-2AAB84E88250.jpeg

そして、野外にある大きな樽。水が滴っているのは、竜ヶ窪から、水をひき滴らせているという…↓

8F54C7E4-2885-49EE-9EF0-434DAE59344C.jpeg

中には、詩人の相馬御風が書いた近くの小学校の校歌が、和文と英文で彫られていました↓

7DCBF243-EC90-4491-BB6F-332E32F07E73.jpeg

樽の中に入ると、涼しい!周りの水が、ヒンヤリとした空気にしてくれているのです。

この樽は、味噌樽として60年使用したものだそうで、歴史を感じます。
古くから地域の人々が守ってきた美しい美味しい「水」
その水が人から人へと伝える・伝わる…そして、大事にしてきた人々の心情も伝わり、まさに、大地の芸術祭のコンセプト!と、いろんな思いでいっぱいになり…、余韻が残る感動した作品でした。
posted by lavender at 21:33| Comment(0) | 津南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

葛の花

今朝はものすごい雨。新潟県に雨雲停滞。上越と魚沼に避難勧告もだされ、只々何事も起きませんように…と祈っていた私です。

さて、この夏ずっと雨の降らなかった豪雪地津南も、ここまで降らないと、山や木、葉や花も、みずみずしさがない感じでした。
昨日、松之山松代あたりまで行き、気づいたことは、夏のお花がキレイだぁと思ったこと。松之山や松代は、津南に降らなかった時も、雨が降っていたような…やっぱり、お花にとっても、「水」は、必要不可欠なもの…と改めて感じた私です。

そして、昨日、葛の花の群生を見つけました↓

E59C7AE7-6D1B-4760-9F8C-AB251A924A31.jpeg

ズームしてみると、こんな可愛いお花↓

3D394048-0CB9-4739-B798-905383B2313C.jpeg

我が家にも、葛のツルを這わせていて、去年は、たくさんお花つけたのです。だけど、今年は、ツルの伸びも悪く、お花は、ひとつも咲かせていません…。
考えてみたら、もう8月も終わり。やっぱり、雨の降らなかった今年は、いろんなものが異常です。

今日は、久しぶりに一日中雨。災害になるほど降らなくていいけれど、大地を潤し…、野菜やお花たち、そして人々に、活力を…みずみずしさを…。そう願うばかりです。
posted by lavender at 22:18| Comment(0) | エコ&省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

五百筆

今日は、ほんの少し気温が落ち着いた感じ。そろそろ秋の気配も感じる頃です。

さて、大地の芸術祭の中国ハウス、行ってきました!

絵のような…字のような…筆で書かれた作品は、日本と中国で開催されたワークショップに参加された方々の一筆書きをコラージュした作品だという。部屋中が筆模様一色↓

D973D4C6-A8E1-467E-B787-F3EBE632C85E.jpeg

階段下やエアコンにも描かれていました↑

窓ガラスも、ステンドグラス風でステキ↓

CE48A7F0-634B-436D-899D-BC4159DBABF0.jpeg

山地の静かな集落の空き家が蘇った作品。
日本と中国がひとつのものを作り上げた作品。
人と人の繋がりを感じる作品。
古くは日常で使われていた「筆」が結んだ作品。

余韻冷めやらぬまま、津南に帰ってくると、ちょうど、町中心部のお祭りで、熊野三社祭りの女神輿に出会いました。
咄嗟に車を停めることが出来ず、シャッターチャンスを逃してしまいましたが、ギャラリーもカメラマンもたくさん見かけました。

中国ハウスで感じていた思いが、改めて浮上した私…
古くから伝わるものは、大切にしなければ…と。
そして、人と人の絆も改めて感じていた今日の出来事です。
posted by lavender at 22:18| Comment(0) | エコ&省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングに登録しています黒ハート
クリックして「RELAX TIME」を応援してねるんるん
商品紹介