2019年03月20日

ふきのとうの天ぷら

昨日も温かかったけれど、今日はもっとあったかい!暑いくらい!
これくらいになると、春だぁと、叫びたくなる!

さて、そんな温かな今日、家へ帰ると、じいちゃんが、「ふきのとう」とってきていました!雪国の春一番の味です。

早速、天ぷらにしました↓

7705B94F-C36A-48DC-8516-6CBECC37AA35.jpeg

ふきのとうは、天ぷらにすると、ほろ苦さもなく、食べやすい。

春の香りがいっぱいに広がり、今年も冬が無事に終わった…確実に春がやってきた…と、ホッと安堵の気持ちでいっぱいになります。
豪雪の地・春本番の季節到来です。

posted by lavender at 21:29| Comment(0) | 津南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

つるバラの新芽

今日も寒い一日。夕方からは雪が降り始めた津南です。
少しガーデンスポットの整備をしたいと思っていたのに、身体が冷え切って、外にずっといる気分ではない…
ということで、一回りだけしました。

積雪は80cmくらい。端の方から雪消えして、沿道は土も見えています。そして、沿道近くにあるつるバラは、根元からすっかり見えるようになりました。
そのつるバラ…少し前から、赤い芽が付いていたのですが、かなり大きくなり、芽吹きが始まりそう↓

3E46B9E3-DD7D-4F7E-9FC6-BC8478B65C0C.jpeg

バックの白は、もちろん雪です↑

寒かったけれど、そんな自然界の春への準備が着実に進んでいることを確信し、心がホワッと温かくなれた私。

さて、明日からは、少し温かくなりそう。
春本番まで、もうヒトイキ!がんばりたい!
posted by lavender at 22:58| Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

享保のお雛様

今日雪との予報でしたが、晴れ間ものぞいた津南。
だけど、十日町は、かなり激しい雨が降っていました。

今日十日町で、個人のお宅で、「お雛様を楽しむ会」が開催され、行ってきました!

お部屋には、お雛様グッズがいっぱい!

一番古い享保のお雛様も見れました↓

72280F12-E8BC-4D50-9C2E-28437C230A9C.jpeg

江戸時代までは、お内裏様のお二人は、同じ色で同じ生地の着物をまとっていたという。
享保の時代といえば、300年前。時の流れを感じ、その時代に思いを馳せた私でした。

他にも、お雛様柄の掛け軸↓

1B6AF734-153E-4C0E-82B6-C67BBC378A12.jpeg

こんな押絵風の掛け軸も↓

75011995-E95C-4772-8AD8-E3156ACC0CF9.jpeg

お雛様柄の陶器のお皿↓

3E9843CB-3DFB-483C-8F76-185FFC1A7D53.jpeg

そして、お茶と茶菓子をいただいたのですが、その湯呑みにも、お雛様柄が↓

B3F989CB-AD62-406C-82DD-4E31B1E3498F.jpeg

左側のおにぎりは、栗ご飯に食べられるエイブルフラワーが添えてありました↑

日常の雑多を忘れ、お雛様の世界にひたれたヒトトキ。そして、心の充電できたヒトトキでした。
posted by lavender at 19:33| Comment(0) | エコ&省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月15日

フェルトで作りたい きれいな色のつるし飾り

今朝も寒かった津南。今日は新潟で仕事があったので、日中津南にはいなかったのですが、帰ってくると、寒さも少し和らいだ感じ。だけど、明日明後日の土日は、また雪が降るという。2月と3月が反対になってしまった感じの今年の天候です。

さて、週末、今日のイベントが終わり、やっと少し時間ができそう。

また、何かを作りたい!
つい最近図書館で借りていた本は、この本↓



クリスマスのオーナメントを、今年フェルトで作ったことで、他にも何か作りたいと思っていたので、とても役に立ち、アイデアをもらった私。
フェルトは、端処理が不要のため、簡単に作れることが魅力!

クリスマスオーナメントは、もちろん、鯉のぼりや兜、そして私の好きなティーカップやポット型のアイデアも掲載。
そして、きれいな色の…とタイトルされている通り、オシャレな色合いのデザインがたくさんあり、ワクワクしてしまった私。
さて、何を作ろうかな?まずは、きれいな色のフェルトを買わなくては!そんな夢馳せている今夜です。
posted by lavender at 21:02| Comment(0) | エコ&省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月14日

雪室貯蔵

今朝起きてビックリ。30cmあまりも降雪。
少々焦ったけれど、純白の雪景色が広がり、キレイと思わず心の中で叫んだ私でした。

さて、雪室貯蔵のニンジンをいただきました↓



秋に収穫したニンジンを、雪室の中で保存していたニンジンです。
ちょうど、今週あたりから、雪下ニンジンの出荷が始まった…との情報も得ました。
そんな雪下ニンジンと雪室貯蔵ニンジンは、微妙に違います。

雪室貯蔵…冷蔵庫では決してできない雪室の中での野菜管理。一定の温度を保つ雪室は、自然の恵みそのもの!ニンジンで例えれば、その青臭さや香りを雪の中で貯蔵することで、鮮度を保ち、雑味が少なくなるという。
まさに、自然界の神秘です。

さて、それでも、雪の下で越冬させた雪下ニンジンは、それ以上に糖度が増し、リンゴのような風味になります。

雪室貯蔵のニンジンを初めていただき、生で食べてみました。
ほんの少し、ニンジンの味がします。が、ニンジン臭さが、全くない!

辛く過酷な雪ですが、恵みもいっぱい。だから、がんばれる。だから、春が、本当に嬉しい!
そんな豪雪地の恵みの産物・雪下ニンジンの季節もやってきました。
冬の疲れをとり、安堵の気持ちでいっぱいになれる雪下ニンジンを味わえる季節がやってきました!
posted by lavender at 23:11| Comment(0) | 津南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングに登録しています黒ハート
クリックして「RELAX TIME」を応援してねるんるん
商品紹介