2020年05月16日

ネマガリタケ

山菜シーズン真っ只中。ネマガリタケを頂きました↓

1967FFD9-9A27-4D00-9B3F-2A7F86838E33.jpeg

我が家にとって。ネマガリタケは、今年の初物!そして、ネマガリタケは、津南の特産品のひとつ!
津南に来て初めて知ったこのネマガリタケ。
これだけ↑のネマガリタケの皮を剥くのに1時間ほどかかります。今年は外出自粛で、いろんな思いでいっぱいになりながら、家で作業していた私。こんなヒトトキが今年は、少しホッとする時間。

さて、ネマガリタケ、皮を剥き、節のかたいところを除くと、食べられるところは、半分くらいになってしまいます。
手間暇かけ、貴重な食材…ということで料亭などで食べられる高級食材です。

…ふと、こんなところにも、コロナの影響が。

緊急事態宣言が、少し緩和され、活気づいてきたのは、嬉しいけれど、第二波への心配の懸念も強まり。

安心して、お店へ行ったり、人とお喋りしたり…そんな日常が、ささやかな幸せの時間だったのに、それが叶わない。
人を疑ったり、不信感を持ったり…嫌な世界になってしまった感じで哀しい。
身体を蝕むだけでなく、心まで。
ネマガリタケの皮剥きしながら、そんな気持ちでいっぱいだった私です。
posted by lavender at 22:54| Comment(0) | 津南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月15日

キッチンガーデン

少し薄曇りの天気だけど、気温もちょうどよく、少し穏やかだった日。今日は午後から休み。
ガーデンスポットの整備をしたり、ゆっくり夕飯作りをしました。

さて、キッチンリフォームをしてから、窓辺にレモンバームとパセリを常時置いています。
春まだ外が寒い頃から大活躍。
それに、外だとじっくり観察できないけれど、台所で料理するたびに、成長が目に見えてよくわかり、楽しい。
柔らかい葉を茎から採ると、丸坊主の茎になった節から、また小さな葉が芽吹いてきます↓

1BC9BC6A-7B3C-4FF3-B237-DFD8B155DD9C.jpeg

ちょうど真ん中あたりの小さな葉が見えますか?↑

小さな小さな葉は、必死で生きてるように見え、私もがんばらなくては!と改めてそう思います。

そして、窓の光を浴びて、透ける葉脈が美しい!

新しい生活様式が、これから先もかなり続くと思われる昨今。
昔の生活のように、自給自足か一番の生活になりそうな…
まずは、都会でもできるキッチンガーデンがお勧めです。
posted by lavender at 23:32| Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月14日

ネクタイ生地のマスク

新潟県は緊急事態宣言解除。だけど、モヤモヤとした気持ち。
日本国中が、心配なく普通の生活ができないことが、心から喜べない理由です。
そして、新潟県解除と言っても、明日から普通通りの生活はまだまだなのでは?という気配もあります。
みんな同じ気持ちで、過ごしているのではないでしょうか?

解除になっても、まだまだ心配はつきず。マスクの離せない日が続きそうです。
マスクも、ところどころのお店で見かけるようになってきました。
そして、仕事先からも、ネクタイ生地で作ったマスクを頂きました↓

2C5A5FA5-302C-4CE7-989A-2DF2D485C51D.jpeg

表生地が、ネクタイ生地。裏生地は綿素材の布です。
ネクタイ生地ということで、光沢があり、オシャレで豪華な感じ。
ブルーのお花柄。そして、赤や黄色の蝶柄…は眺めているだけで、少し気持ちが和らぎます。
お出かけする時にしたい…といっても外出自粛の生活の中では、どこかに出かけることもないかな…。
それでも、マスクの手放せない昨今。服に合わせて、マスクも服の一部として扱われる昨今。
私もいろんな種類のマスクを作り、仕事以外では、そんなマスクをしています。

早くマスクなしで生活できるようになりますように…只々、そう思う毎日です。
posted by lavender at 22:40| Comment(0) | エコ&省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月12日

アイスランドポピー

昨日から急に気温上昇。カーエアコンをつけざるを得ない時間も。

さて、日曜に、ガーデンスポットを整備していて嬉しい発見が!
遠くから何やらオレンジ色を見つけ、近寄ってみると、アイスランドポピーが咲いていたのです↓

7892ECAC-207C-49B1-83C9-99E88B61D588.jpeg

数年前に、知り合いの方から頂いたお花。毎年咲くと聞いて楽しみにしていたのに、それから何年も、じいちゃんから、除草剤をまかれたり、刈り取られたりしたことで、咲かずじまい。もう諦めかけ、すっかり忘れていた今年、なんと、一輪咲いているのを見つけたのです。
本当に本当に嬉しかった私です。
アイスランドポピーは、別名シベリアひなげし。ひなげしというと、昔、アグネスチャンが歌っていた「ひなげしの花」という曲を思い出します。
平和だったあの頃。心配なことなど全くなかった時代。曲と共に、昔の穏やかな日常が思い出され、ため息が出てしまい、こみ上げる思いでいっぱいに。
そして、今日夕方、もう花びらは散っていました。今日午後3時頃に突風が吹いたせいかな?たった2日で、はかなく散った花びらに、なんだか、ものすごくショックを、受けてしまった私です。

さて、連休に日本国中で外出自粛をしたおかげで、コロナウイルスの感染者も少しずつ減っていき、少しホッとしている日々ですが、ココで油断はできない…誰でもが心配するコロナウイルスの第二波。
平和で穏やかな日常が、どうか早く戻ってきますように…何ヶ月も、その願いばかりです。
posted by lavender at 23:05| Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月10日

赤いカーネーション

今日は母の日でした。何日か前から母の日のCMを観ては、思い出しては忘れていた私。
去年の10月頃から、台風の災害、孫の誕生、家のリフォームとずっと忙しく、今年になってからは、少し余裕ができるはずが、コロナウイルスで、全く時間の余裕がなくなってしまった感じだったのです。

去年、息子から母の日にプレゼントされたカーネーション。ふと思いつき、このカーネーションの花を使い、今年の母の日には、何かを作ろうと思ったいたのに…。去年もらったカーネーションは、ピンクのカーネーション。これをなんとか赤ちゃんいカーネーションにしたいと試行錯誤した去年の秋。
やっぱり、母や義母に贈る花は、昔ながらの赤いカーネーションという感じがするので。
そしてうまくできたのが、ますは、カーネーションを乾燥させ、赤い色つけには、朱肉の替インクを使いました。そして、また乾燥。
これが、とてもいい感じに仕上がり、これで!と決めていたのに。

結局決めてからその工程までいけたのは、二つのカーネーションだけ。
後は、収穫して乾燥したものの、赤色に染める工程ができないまま、母の日を迎えることに。

赤のカーネーションは、たった二つだけれど、今年のコロナ騒動を記し、これから先の未来に向けてのお守りがわりとして…打ち勝った時の忘れない思い出として…作ることに。

真ん中を赤のカーネーションにして、周りはピンクの乾燥カーネーション↓

6B26FCB7-E40C-4378-84D1-9A32AB71C9E5.jpeg

今年は、一輪挿し風なボトルを使いました。横から見るとこんな感じ↓

0EBA2086-10D5-4F0D-8569-0EC3714A29CD.jpeg

母の日に、必ず作る亡き母と義母へのプレゼント。
作りながら、2人の母の事、思い出しながら作るヒトトキ。
今年は、コロナウイルスが、どうか落ち着きますように…という願いもこめながら作っていた私です。
posted by lavender at 22:16| Comment(0) | エコ&省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングに登録しています黒ハート
クリックして「RELAX TIME」を応援してねるんるん
商品紹介