2020年07月12日

森の聲

今日の津南は、雨模様。
そして、九州でもまだまだ心配な雨が続いています。
今日は仕事が休みで、家の中の片付けで一日過ごしました。
たまってしまった新聞の整理も。
そこで見つけたのが、なじょもんで開催されている「森の聲」という夏季企画展のパンフレット↓

FB50793B-8EA6-4717-9C16-384392D3693A.jpeg

そのタイトルだけで、塞ぎ込んでいた心に光をもたらし。
コロナに災害と、心配の尽きない世の中の何かのヒントが見つけれるのでは…とそんな思いでいっぱいになった私です。

古代の人たちは、風、田、動物、雪原、虫、火、星…などの音を聴き、「聲」として、自然界と共存していく手段を身につけ、物を生み出してきた。

コロナウイルスも災害続きも、現代に生きる人々への警告…そんな気がしてならない私。
今、どうすべきか…どう生きるか…が問われている気がしてならない私。

何日も気持ちは下降気味で過ごしていた私ですが、前向きに、がんばるしかない!
そんな気持ちにさせてくれた「森の聲」のパンフレットです。

posted by lavender at 21:26| Comment(0) | 津南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気ブログランキングに登録しています黒ハート
クリックして「RELAX TIME」を応援してねるんるん
商品紹介