2019年04月07日

イチリンソウ

今日は薄曇り。太陽が見えない分、ヒンヤリしていたけど、それでも寒くはない。
確かに、春になったことを、感じていた一日。

さて、ラジオから「イチリンソウ」という曲が流れてきました↓



イチリンソウと言えば、春一番の野の花のひとつ。他の花たちが咲く前に、ひっそりと咲くスプリング・エフェメラル(春の妖精)のひとつです。

ちょうど、津南でもこの時期、見つけることもあるお花。私も、一度だけ、見つけたことがあります。
車で通り過ぎるだけでは、見つけられない…ちょうど、一休み場所で見つけたことがある私です。

こんな道の脇に咲いている
真っ直ぐにきらめいて強く強く

と歌詞にあるように、寒く冷たい雪の下で育んで、春一番に咲くお花・イチリンソウ。

歌詞の中には。
桜の花びらが散っていた…という言葉も。

東京の桜も、そんな光景が広がっているのかな…

とてもタイムリーな曲に出会え、曲の中に身を置き、春を楽しんでいた今日の私です。
posted by lavender at 23:24| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気ブログランキングに登録しています黒ハート
クリックして「RELAX TIME」を応援してねるんるん
商品紹介