2018年09月15日

大地の芸術祭・非日常と日常が交錯する世界

今朝はものすごい雨。蒸し暑いような肌寒いような…午後からは少し晴れ間も。
連休初日とあり、久しぶりに車の往来が激しかった今日。大地の芸術祭も、残すところ後2日ということもあるようです。
さて、私はこの連休は、仕事もあり、昨日が最後の作品巡り。

どうしても行きたかった箇所をピンポイントで回りました。

まずは、ドクターズハウス↓

DAFDDD94-5457-4877-B1EF-A9D90153C34C.jpeg

前回、過去と未来を感じ、今回更にリニューアルしたとの話を聞き、行ってきました。↑
床も天井も壁も、銀色に敷き詰めた世界。昔診療所だった跡地の作品は、かつての世界に迷い込んでしまうような錯覚も↑

そんな中で、ふっと我にかえる窓いっぱいに広がる絵のような現在の世界が廊下のまっすぐ前に↓

977EB90C-403C-4938-9576-38B60819910D.jpeg

過去と現在、非日常と日常が交錯した世界。

そして、松代商店街の一角にある「黄金の遊技場」。
中はすごい世界が広がっていました。壁は絨毯だの、麻雀パイだの、そして、金色のお花かな?と思っていたら、その中に、バトミントンの羽根やら、洗濯バサミまで、金色に染まっていました↓

3A054135-BE81-406F-BF1B-77FB8B1330A1.jpeg

C4444E93-1155-4BFF-A2BE-0A5DC7CDB245.jpeg


そして、2階には麻雀テーブルが↓

0009085E-4673-42A4-AE7F-0CBAA77F74F0.jpeg

そして、床も天井も壁も、着物や帯一色のお部屋も↓

BA479B13-77EC-4D44-B7B6-7D854970E558.jpeg

B27C6910-DB46-4CD3-8E76-1183C95C2479.jpeg

着物大好きな私としては、ひとつひとつ柄をみてしまうほど感激しました。

日常の雑多な物を使い、非日常の世界へ。

そして、「SF」とタイトルされた倉庫の中に入ると、ここ雪国で冬に大活躍の除雪車などが↓

DEBD5F59-1406-4909-85B1-D70158DD9E49.jpeg

色の変わるライトの中、サウンドは冬を感じる除雪車の音の中で、幻想的な世界へ↓

684DEBFF-9DBE-4664-BD70-15980A4512DE.jpeg

こんな雪柄のライトがあちこちに↓

751F1A05-5BD8-4C01-B2BC-CF7B2594957F.jpeg

雪国の日常の世界が、メルヘンチックな非日常の世界へ。

たまたま、昨日見た作品は、強く非日常と日常が交錯する作品と感じましたが、大地の芸術祭作品は、こんな世界が多い。
そして、心の奥底で、いろんな思いを感じる作品。
後2日、是非、皆さんも心の充電しにいらしてください。
posted by lavender at 21:18| Comment(0) | エコ&省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気ブログランキングに登録しています黒ハート
クリックして「RELAX TIME」を応援してねるんるん
商品紹介