2018年05月14日

葛の新芽

今朝まで降っていた雨も、やっと上がり、爽やかな晴れに。
だけど、昨日の日曜、雨で、外回り仕事ができなかった…と今日行き会う人ごとに、残念がる声を聞きました。本当に、天気がしなくて、苗は用意できてるけど、植えつけがまだ…というお宅がたくさんの今年の津南です。
そして、一雨ごとに、成長が著しいのは、自然界に生きる雑草たち。生育の力強さは、見習いたいとさえ思います。

さて、中でもすごい!と、思うのは葛の新芽。
去年の秋、雪降る前に、バッサリ、我が家のダンナ様に切り取られました。そんな根本まで切らなくても…と思った私。
ちゃんと新芽がでるかな…と少々心配していましたが、嬉しいことに新芽、出てきました!

この写真の下方にある丸い株が切り取られた根本です。直径5cmほどはある太い幹。草というより、まさに木のよう↓

2436DEB5-7B55-465E-83AB-12EF9AFC28F9.jpeg

そして、そこからニョキニョキと出てきたのが新芽。何日かでもう、この長さ↑

そう、葛のツルは、1日で25cmあまりも伸びるという…ということは、1時間でなんと1cm!
まさに生きていることを感じる植物の代表です!

葛は、根が葛粉になるのは有名ですが、このツルも食用にもなるという…自然界にあるものは、無駄のない草花がいっぱい!
古人は、そんな自然界と共存しながら生き、循環型の暮らしをしていたのです。そうすることで、自然界も整備されるという訳です。

葛も無駄のない草花のひとつ。根は葛粉になり、ツルは食用されたり、秋になると、カゴなどを編む材料になる!

そんな葛のように生きていけたら…と思いつつ、今年はもっともっと、自然界と共存しながら生きていきたい…生育著しい葛を見ながら、そんなこと考えていた私です。
posted by lavender at 23:05| Comment(0) | エコ&省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気ブログランキングに登録しています黒ハート
クリックして「RELAX TIME」を応援してねるんるん
商品紹介