2018年05月10日

笹ずし

今日は、昨日よりも寒い。冬の装いを着てでかけ正解!雨も降り、身体の芯から冷え切ってしまった私です。
だけど、この週末からは、夏日が続くとの予報。寒暖の差の激しい異常気象が続きます。

さて、新潟県と長野県の県境に位置する津南。県境の橋を渡ると長野県栄村です。今日は、栄村の方から、手作りの笹ずしを頂きました↓

CE22BD08-E030-4D34-BC93-AE02BA6F8F01.jpeg

笹の葉にくるまれた寿司飯、卵、紅生姜に、ゼンマイの油炒め、くるみが載ってます。
戦国時代から伝わる郷土料理。上杉謙信が出陣の際に、腹ごしらえに食したという。食べ方は、笹ごと手にとり、端から笹を下方にめくりながら食べるという。

笹の葉には、抗菌、防腐、防臭作用があるという、古人の知恵により生まれた食材。
新潟県である津南では、笹で、団子を作ったり、ちまきを作ったり…笹は、津南でも、食生活には欠かせないものでした。

戦国の世に思いを馳せ、いろんな思いを心に巡らせながら、一口一口食していた私です。
posted by lavender at 20:17| Comment(0) | 津南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気ブログランキングに登録しています黒ハート
クリックして「RELAX TIME」を応援してねるんるん
商品紹介