2016年09月29日

残火

昨夜もかなりの雨。そして、今日も1日雨模様。それに、とにかく気温が低く寒い。
2、3日前の真夏日から一変冬の香りさえ感じる今日でした。

火の恋しくなる季節。そんな中、ちょうど道路の沿道で、なじょもんで開催される焔祭りの看板を見つけました!
今年は、やらないのかなあと思っていたので、ちょっとワクワクしてきた私。
10月15日土曜開催!今年は、月明かりコンサートも復活するとの情報を得ました。

さてさて、タイムリーにも、松任谷由実さんの「残火」という曲を聴きました。
このアルバムに入っています↓



「真田十勇士」という映画の主題歌という。
何度も聴きたくなる心に残る曲。何かを訴え、生きることを考えさせられる曲。
戦国の乱世の時代の「残火」…
そして、焔祭りの「火」は、縄文時代の人類が生まれた頃の「火」
生きていくために欠かすことのできない「火」

「火」が恋しくなるほどの肌寒かった今日。「火」にまつわる事に想いを馳せながら、いろんなこと考えながら過ごしていた私です。
posted by lavender at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングに登録しています黒ハート
クリックして「RELAX TIME」を応援してねるんるん
商品紹介