2016年03月11日

天と地のレクイエム

東日本大震災から今日で5年。それも、あの日も金曜で、同じ曜日の3月11日金曜日。
仕事先のイベントで、新潟に行っていた私。午後のイベントが始まる前に黙祷をしました。
早いようでもあり長くも感じた5年です。
今日のテレビの特別番組で、改めて復興が進んでいないのを感じました。
まだまだ辛い状況にある方もたくさんであることを知りました。
この大震災を思う時、「天と地のレクイエム」という曲を思い出す私。フィギュアの羽生結弦選手のエキシビジョンプログラム曲として知った曲です↓



被災も経験した羽生結弦選手の心の奥底まで響く演技に、被災した人々の心を感じます。そして、悲しい思いでいっぱいの日本中の人たちの心も表してもいる気がしています。
悲しみ、苦しみ、その中から、なんとか力を振りしぼり、生きる力を強く感じるのです。
ピアノの旋律が悲しく心に響き、無念にも犠牲になった方たちの分まで、がんばらなければ…生きなければ…
5年という節目に、改めてそう強く思う私です。
posted by lavender at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングに登録しています黒ハート
クリックして「RELAX TIME」を応援してねるんるん
商品紹介