2016年03月07日

春隣

今日は薄曇り。昨日ほどの温かさではないけれど、春の気配を感じる1日。
今日のような日には、「春隣」という言葉がぴったり。「はるとなり」と読む季語のひとつ。冬が終わりに近づき、春の気配を感じること。
さて、その「春隣」とタイトルされた曲もあります↓



熊木杏里さんの曲。透明感のある歌声は、心に沁みる。

冬を渡り咲いてゆく
いつか花となる

まだまだ積雪があり、殺風景な風景の雪国。
だけど、雪の下では、植物たちが確かに成長して芽吹きを待っているのをヒシヒシと感じていた今日。
春隣…そんな気配を肌で感じ、口ずさんでいた私です。
posted by lavender at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングに登録しています黒ハート
クリックして「RELAX TIME」を応援してねるんるん
商品紹介