2016年01月28日

明日への手紙

今日もまずまずの天気。だけど、気温は、少し寒くなりつつある感じ。
明日は、また雪が降るとの予報だからです。
雪が降らないと生活は、本当に楽ですが、やっぱり、ここ津南では、雪も降らないと落ち着かないというのも本音です。
穏やかで平和なヒトトキの中、ラジオからステキな曲が流れてきました。

明日への手紙↓



この曲を歌う手嶌葵さんは、ジブリプロデュースのコクリコ坂の主題歌を歌った方。

ふるさとの街は帰る場所ならここにあると
いつだって変わらずにあなたを待っている

こんな歌詞があり、心に残る…

この曲を聞くと、都会で暮らす息子たちが、元気でがんばってるかな?…そんな気持ちでいっぱいになってしまう私です。

雪の降る孤立した世界の中では、より人恋しさを感じ、そんな思いでいっぱいになります。
ふるさと・津南は、雪ですよ〜と息子たちに問いかける…感じで。
深々と降る雪は、センチメンタルで、人恋しくて、だからこそ感性が研ぎすまされるのでは?…そんないろんなことを考えながら聞いていた「明日への手紙」です。
posted by lavender at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングに登録しています黒ハート
クリックして「RELAX TIME」を応援してねるんるん
商品紹介