2015年05月06日

桜の花と葉

今日も気温上昇。かなり暑い。
さて、今日で、ゴールデンウィークも終わり。
我が家の息子たちも、帰路へ。そして、あちこちのお宅で、来客が帰ってしまったと聞いた今日。町の渋滞も他府県ナンバーも見かけなくなった午後の津南は、気が抜けたように、ちょっぴり寂しい風景に感じた今日でした。

さて、津南の山地の桜も葉桜混じり。桜の季節も終わりの予感。夜のニュースでは、日本で最北端の桜観測所の釧路で桜開花と報じていました。
さて、大雪だった今冬。枝の折れた木の多い中、今年は、折れた梅に続き、桜の折れた枝も花瓶に差し、楽しむことができた私。
そんな我が家の折れた枝の桜も、葉桜になりつつあります↓

image.jpg

そして、桜の折れた枝から嬉しい事がひとつ!身近に桜の枝を見れたことで、観察ができ、発見があったのです。開花から葉桜になるまでを、じっくり見ることができたからです。
桜は、ひとつの蕾から幾つもの花が咲くこと…そして、花が終わるとその蕾から何枚もの葉が生まれるということ…だから、桜の花が、ボンボリみたいに見れるんですね。

大雪で枝がたくさん折れたことで、嬉しい発見!
蕾が、赤くふくらみ、花を咲かせ、花後に葉がつく。
当たり前のことだけど、身近に観察できたことで、「桜」が確かに生きているのを感じた今年です。
豪雪の贈り物…そんな今年の桜の季節だったと、桜の季節の終わりに思いを馳せている今夜です。


posted by lavender at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングに登録しています黒ハート
クリックして「RELAX TIME」を応援してねるんるん
商品紹介