2020年09月01日

9月1日

今日から9月。そして、今日9月1日は、防災の日であり、立春から数えて210日で、台風の当たり日とされている日。
その210日にらちなみ、私の住む集落では、お祭りをして、台風から稲を守り、豊作を願ってきました。
それが、今年はコロナの影響で、縮小。
静かな静かなお祭りです。
それでも、宮飾りは例年通り↓

CEE5AC86-0FA5-42FC-BD3A-A90BE4E63371.jpeg

日中、宮飾りが終わった誰もいない神社↑
こんな静かなお祭りは初めてです。
日本中、どこでも自粛でこんなお祭り風景になっている今年。
だけど、やはり昔から伝わる、お祭りの意義が消えたわけではない…そんなことから、宮飾りは例年通りとした私の集落。
いつもなら忙しいお祭り…今年は一人で、いろんな思いに巡らせながら、古くから伝わるお祭りの意義をじっくり考える時間ができた感じです。 

古くから伝わるお祭りには、疫病退散のお祭りもあると聞きます。

お祭り本来の意義を考え、無病息災、疫病退散、そして、豊作を願い…今年はそんな事考えながら過ごしているお祭りです。
posted by lavender at 23:12| Comment(0) | エコ&省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングに登録しています黒ハート
クリックして「RELAX TIME」を応援してねるんるん
商品紹介