2020年02月29日

雛祭りの吊るし飾り

新潟県では、まだコロナウィルス感染のニュースはないものの、来週月曜から津南でも小中学校が休校決定。これで、コロナウィルスが収束に向かうといいな…と、心から願います。
それでも、ここ津南では、今のところ、平和な時間が保たれていることに感謝です。
初孫が初節句ということで、先日お雛様額を作った私ですが、なんとか、吊るし飾りも出来上がりました。持って行き、お祝いしたかったのですが、忙しい日々でその時間が取れず、今日発送しました。

姪っ子に赤ちゃんが生まれた時も作った吊るし飾り。
今回はこんな吊るし飾り↓

8E32BEDC-F9B6-4A0D-A92A-12611A774C60.jpeg

上から「富士山」「さるぼぼ」「チョウチョ」「草履」「お花」の5つの飾り。
おめでたい日本のシンボル富士山。
さるぼぼはさるの赤ちゃんという意味で、災いが“さる”、猿のように子沢山、などと掛け合わせて昔から家庭円満や安産のお守り。
長寿、そして、美しく舞うの意味で、チョウチョ。
アンヨが早くできますように…の意味も込めて草履。
花のように美しく育ちますように…の意味をこめた花。

F1A59CA3-8CD5-4C61-93DD-27D8743DC3D5.jpeg

特に草履を作るのが好きな私。今回は矢羽根柄。そして、赤い鼻緒をつけました。
そして、ローマ字の名入り。そしてそして、今回の吊るし飾り台は、昔の機織りの糸車を使い、同系色に塗った四角棒を使い、吊るし台にしました↑

子供の健やかな成長を願う節句。今年の桃の節句はほぼ休校の最中。桃の節句は、女の子の節句ですが、男の子も女の子も、全ての子供たちが、コロナウィルスに感染することなく、元気に健やかに…そう願う今年の桃の節句を迎えます。



posted by lavender at 00:00| Comment(0) | エコ&省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングに登録しています黒ハート
クリックして「RELAX TIME」を応援してねるんるん
商品紹介