2019年03月14日

雪室貯蔵

今朝起きてビックリ。30cmあまりも降雪。
少々焦ったけれど、純白の雪景色が広がり、キレイと思わず心の中で叫んだ私でした。

さて、雪室貯蔵のニンジンをいただきました↓



秋に収穫したニンジンを、雪室の中で保存していたニンジンです。
ちょうど、今週あたりから、雪下ニンジンの出荷が始まった…との情報も得ました。
そんな雪下ニンジンと雪室貯蔵ニンジンは、微妙に違います。

雪室貯蔵…冷蔵庫では決してできない雪室の中での野菜管理。一定の温度を保つ雪室は、自然の恵みそのもの!ニンジンで例えれば、その青臭さや香りを雪の中で貯蔵することで、鮮度を保ち、雑味が少なくなるという。
まさに、自然界の神秘です。

さて、それでも、雪の下で越冬させた雪下ニンジンは、それ以上に糖度が増し、リンゴのような風味になります。

雪室貯蔵のニンジンを初めていただき、生で食べてみました。
ほんの少し、ニンジンの味がします。が、ニンジン臭さが、全くない!

辛く過酷な雪ですが、恵みもいっぱい。だから、がんばれる。だから、春が、本当に嬉しい!
そんな豪雪地の恵みの産物・雪下ニンジンの季節もやってきました。
冬の疲れをとり、安堵の気持ちでいっぱいになれる雪下ニンジンを味わえる季節がやってきました!
posted by lavender at 23:11| Comment(0) | 津南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングに登録しています黒ハート
クリックして「RELAX TIME」を応援してねるんるん
商品紹介