2019年01月15日

スカイツリーの和文様

昨日東京から帰ってきました。何日か仕事を休んだことで、今日は忙しかった一日。
津南もこの数日、雪も降らず穏やかな日が続いていたよう。少し心のゆとりができた感じです。

さて、昨日、初めてスカイツリーに行ってきました。
一番感激したのは、館内のあちこちが、和文様でデザインされているところ。

例えば、天井は、こんな感じ↓

BC6890D7-81F1-45C8-B5AA-D8AFE6AFCAE5.jpeg

他に、壁や至る所が、麻の葉、青海波、ウロコ柄
…など、日本を代表する和文様ででデコレート。

4つのエレベーター内は、春夏秋冬で表現されていて、私は、行きも帰りも夏柄のエレベーターに。
江戸切子で、花火を表現した作品↓

D440CA13-FD4E-424D-B219-A1A3C16BA4BB.jpeg

そういえば、東京オリンピックは、市松模様柄。スカイツリーの日本の和文様を見て、改めて思い出し、和文様の美しさを感じた私でした。

さて、もちろん、スカイツリーからの眺めは絶景。
小さなおもちゃ箱のような東京の街並みに映るスカイツリーの影の見える撮影スポットは、ステキ↓

48C56B2E-7ED9-4431-8A8F-34D9B6E4F263.jpeg

スカイツリーは、2012年に完成。ちょうど7年。そして、父は七回忌。旅、そして、ありとあらゆる有名スポットに、私や孫たちを連れて行ってくれたのに、スカイツリーに行けずじまいだったのは、ちょうど亡くなった年に完成したから…と改めて気づき、父の分までしっかりと目に焼き付けた私でした。
そんな思いを抱きながら、初めて行ったスカイツリー。時の流れを感じ、ヒトトキ、心の充電もできた私です。
posted by lavender at 23:30| Comment(0) | エコ&省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングに登録しています黒ハート
クリックして「RELAX TIME」を応援してねるんるん
商品紹介