2018年12月22日

冬至

今日は雨模様。少し肌寒さを感じたけれど、日中晴れてくると、汗ばむほどに。今日は冬至。一年で一番、日が短い日。我が家も、これから始まる寒い冬を無病息災で過ごせますようにと、カボチャを煮付け食べました↓

C716C5E3-ED54-400A-A8FF-71944294D4C8.jpeg

去年気づいたのですが、日の入の一番早い頃は、11月下旬から12月初旬。ここ数日は、日の入がたった数分だけど遅くなり、不思議とこの数分で、日暮れが遅くなったのを感じる私。そして、お正月を過ぎると、日の入が、本当に遅くなったことを、切に感じるようになるのです。

さて、最近テレビで、クリスマスは何の日?…との話をみました。私も、もちろん、イエスキリストの生まれた日と思っていたのですが、それは確かな情報ではないという。不明な中でいくつか候補があり、12月25日と言われることが多い理由に、冬至が過ぎ、日中の長さが長くなり、明るくなることで、
「人々に光をもたらす」という意味から、この日が、イエスキリストが生まれた日という説が強いという。
そう、私にとっても、この冬至は、同じ思い。これからが本番の冬になるのだけれど、不思議と、この冬至を過ぎ日が長くなると、どんなに雪が降っても覚悟ができる…のです。

さて、温かな冬至ですが、クリスマス寒波、そして年末年始寒波と、寒波が続きそうです。豪雪地の津南。雪なしではいられない本格的な雪シーズンが始まります。
posted by lavender at 23:13| Comment(0) | エコ&省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングに登録しています黒ハート
クリックして「RELAX TIME」を応援してねるんるん
商品紹介